読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マイラーズ!

本業は大手外資系企業の管理職。ビジネス企画を主軸に商品&サービス開発・マーケティング・運用に横断で携わっております。仕事で培ったスキルを陸マイラー活動に活かしたところ、短期で想定外のとてつもない成果をあげることができました。その成果によりほとんどコストをかけずにゴージャスな旅を楽しんでおります。このノウハウを少しでも読者の皆様に還元したいと思い、当ブログを運営しております。

「アメックス・ゴールド祭り」5月中旬組より最終結果報告

マイラーズ!読者の皆さま、こんばんは。おにいたっちです。

「アメックス・ゴールド・公共料金キャンペーン」。略して「アメックス・ゴールド祭り」さらに略して雨金祭り。

陸マイラーやケータイコジラーの想いを飲み込み、金色の龍の如く地と空を駆けずり回って昇天していった陸マイラー史上最大の祭り、「アメックス・ゴールド祭り」。

この祭りに5月承認の「5月中旬組」として参加できた幸運に心より深く感謝しております。

アメックス・ゴールド祭りについては、乗り始めた当初の頃と、1千万ポイントを狙おうとした後半までしか記事にしませんでした。私が祭りから抜け出したあとに起きたイベントと言えば、アメックスによる突然の「公共料金祭り中断」。そして「救済策の提示」。

私はアメックス・ゴールド祭り終了直後に、ANAアメックスにも乗りましたので、「アメックス公共料金祭り中断」による影響は2重で受けております。そんな「当事者」の私として、これまでの「雨金祭り」を振り返ってみたいと思います。

アメックス・ゴールド祭りへの参加

アメックス・ゴールド祭りに参加しようと思った当時は陸マイラーを始めてまだ2ヶ月目の時のこと。当時発行した「ANA VISAプラチナ プレミアムカード」のキャンペーン、利用実績50万円をクリアしたこともあり、陸マイラーの皆さまの間で話題になっていた「アメックス・ゴールド公共料金キャンペーン」を次なるターゲットとしたことがきっかけでした。

当時を振り返ると、とても数百万、数千万という話はなく、20万ポイントが「無茶をして狙えるポイント数」でした。その証拠は以下の私の記事です。

上記記事には「10万ポイント?15万ポイントはいけるだろう?ここは20万ポイントを狙うぜ」などと、当時の盛り上がりが記述されております。私はこのキャンペーンに乗った時、目標ポイントを1年でANAマイルに移行できる8万ポイントの2年分である「16万ポイント」を高望みの目標として掲げておりました。というのも、アメックス・ゴールドが届いた当時、ポイント獲得には何のノウハウもなく、自力で公共料金によってポイントを獲得していかなければなりません。当時私はこの状況を「結構なムズゲー」だと表現しております。

で、例えば東京電力の支払いをいろいろと調整して、何とかアメックス・ゴールド到着直後に発生させることを成功して喜んでいるくらい「ウブ」な状態でした。

そしてアメックスによる公共料金ボーナスポイントが初めて付与された時はこんな喜びの記事をあげております。東京電力と自動車税で計4,000ポイント獲得です。

そして6月に入ると、本キャンペーンには6万ポイントの上限が設定されることになったのですが、私のキャンペーンは上限無しであることをアメックスのデスクで確認することもできました。

6月に入ると、既に契約しておりアメックス・ゴールドへ支払いを移したso-netやBIGLOBE、au、ドコモなどの請求が上がってきており、その度に喜んだものです。まだこの時点でも、本当の意味での「雨金祭り」にはなっていなかったんですよね。

そして新たに契約したプロバイダーからの請求も発生し出しました。IIJmioやOCNなどです。

ただこの頃、私は1つの無限技に気づきました。Huluによる無限技です。Huluの無限技によって、6月中旬には5万ポイントを達成しましたが、当時はそこそこ早いペースだったと記憶しております。

そしてこの頃から、WiMAXやso-netの0sim、u-next、国際電話などの無限技の噂が少しづつ流通しはじめます。ただ、有象無象のいろんな噂に混じって出てくる話なので、確証が持てません。この頃から私も「これは普通の祭りじゃない・・・」と捉え出し、雨金祭りについて記事にするのを控えるようになります。7月は雨金祭りについて、一切触れておりません。

しかしこの時期、私は情報収集と自分なりの試行錯誤に注力するようになります。ただ、まだこの頃もポイント目標値はあくまでも「16万ポイント」を上限としておりました。そして8月7日、16万ポイントを突破したのでした。

ただ、この記事を掲載する前に、既に私はu-nextと0simの仕込みを行なっておりました。問題は「それが本当にポイント付与されるかどうか分からない」状況での仕込みでした。当事者の私から申し上げると、これは相当にリスクの高い賭けであったと記憶しております。結果的にはこの時に拾ったリスクによって、何とか黒字っぽい結果を残すことができたのですが。

最初に0simの請求が上がってきたのですが、正直この時はめちゃくちゃ動揺しました。単価が高い0simですが、以前と違う明細名で上がってきたのです。結果としてポイントは付与されたのですが、心臓が止まるほどの動揺でした。0simによって80万ポイント、そしてWiMAXによって100万ポイントを突破したのでした。

そして次に上がってきたのはu-nextです。恐る恐る上げた請求に乗ったポイントにより、合計250万ポイントを突破しました。ポイントが付くという確証がついていればこんなに恐る恐るの請求ではなかったわけで、かなりリスクを感じながら行なっていたわけです。

そしてこれらの技が確定的となったとき、アメックス・ゴールド祭りの参加者は一気に突入していきます。私も当初の「16万ポイント」という思いを忘れて1000万ポイントという狂気のラインを設定し突き進みました。

そして結果はご存知の通り、あの突然の「アメックス公共祭り中断」です。

私の「アメックス・ゴールド祭り」結果報告

私はこのお祭り参加で投入したお金は76万円、獲得したポイントは260万ポイントでした。投入した金額に対して獲得ポイントは3.2倍程度でしょうか。雨金祭りで使ったお金はアメックスサイトでCSVをダウンロードしてExcelのピボッドで集計すれば一発でわかってしまうんですよね。現実を直視しましょう。

f:id:milerz:20161002231301j:plain


投入した金額の2/3はポイントにならなかった無駄に消失したお金です。そんな微妙な結果ですが、自分では黒字だと思っております。それはなぜかというと、このアメックス・ゴールド祭りは本当に楽しむことができたからです。今年の夏をとても熱くしてくれました。熱くなりすぎてその後遺症は凄まじいものでしたが・・・。

私はこの祭りに参加してから一貫して申し上げているのですが、今でもアメックスが大好きです。この雨金祭りを通して大好きになりました。延長戦として参加したANAアメックスカードの祭り記事でも以下のように記しております。

「独自のスタイルを持っていて、見た目すごくかっこよくて、ダメで・・・。」

私はそんなアメックスが大好きです。

今、私のメインカードはアメックス・ゴールドになりました。獲得した260万ポイントのうち利用したのは20万ポイントで、240万ポイントはまだアメックスの口座に残ったままです。ポイントを残したままというのはリスクがありますが、このポイントは今後アメックスと長くいいお付き合いをするための資産として大切にするつもりです。

この記事は私の「アメックス・ゴールド公共料金キャンペーン」に参加した備忘録として残すものです。このキャンペーンでは参加時期によりとても残念な思いをされた方が多いことを理解しております。私もお金を失い、ANAアメックスで残念な思いをしました。ただ私は、5月中旬組として「リアルに取り組んできた」経緯と、アメックスに対する正直な気持ちを記事に残しておきたかったのです。最後に5月組として駆け抜けて来た私より一言。

楽しませてくれてありがとう、アメックス。
これからも楽しませてください。
アメックスゴールドの愛用者として、今後も期待しております。