読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マイラーズ!

本業は大手外資系企業の管理職。ビジネス企画を主軸に商品&サービス開発・マーケティング・運用に横断で携わっております。仕事で培ったスキルを陸マイラー活動に活かしたところ、短期で想定外のとてつもない成果をあげることができました。その成果によりほとんどコストをかけずにゴージャスな旅を楽しんでおります。このノウハウを少しでも読者の皆様に還元したいと思い、当ブログを運営しております。

ANAカードを2ヶ月で8枚発行した結果

3月から2ヶ月ちょっとで発行したANAカードです。私と妻とで発行した8枚のANAカード。こう並べてみると壮観です。金が一際眩しいw

妻もがっつり洗脳してマイラーにしました。ソラチカカードとANA VISA ワイドゴールドカード、そしてポイントサイトの三種の神器を駆使して、せっせとマイルを収集している様子ですw

f:id:milerz:20160522000131j:plain

かっこよすぎるANA VISA プラチナ プレミアムカード

ANA VISA プラチナ プレミアムカード。何が価値か?と聞かれた時に、明確に言えるのは「かっこいい」です。このマットブラックなカード、断面も黒というこだわり。券面の美しさ。これはもう・・・芸術の域ですわ。美しいカードを持つ嬉しさ、恍惚感。それは、コスパとかどうでもいい領域なのです。

f:id:milerz:20160522001342j:plain

私はこのプラチナカードを、あらゆる支払いのシーンで使っております。別に誰がこのカードを気に留めるわけでもありません。店員の方も全く気に留めません。それでも私は思うのです。コンビニでiDで支払うとき、居酒屋でカード決済するとき、百貨店でお洋服を買うとき・・・超かっこいいカードを使っているんだな、と。究極の自己満足の世界、それがプラチナカードが提供する価値なのではないかと。

マイル還元率は最強レベル

ANA VISA プラチナ プレミアムカードの標準マイル還元率は1.5%です。1,000円ごとに提供されるワールドポイントが1ポイント。それを15マイルに交換することができます。このままで使う上では1.5%なのですが、マイ・ペイすリボを組み合わせることで、0.3%を上乗せすることができます。この時点で還元率1.8%。

そしてその0.3%分をソラチカルートに載せることにより、0.45%にあげることができます。これで還元率1.95%。還元率が最も高いANA ダイナースプレミアムカードの2%に肉薄する還元率です。支出を全て寄せるならダイナースよりVISAですよね。そのために0.05%、あるいは0.2%負けても大した問題ではないのです。

私のこの2ヶ月半でのカード使用料は年会費を抜いて約65万円でした。(ANA VISAで50万円、ソラチカで15万円)

そこからシミュレーションすると、年間のカード利用料はおそらく350万円くらい。還元率を換算すると、68,000マイルほど得ることができそうです。ボーナスの利用分とか換算したら、10万マイルくらいいくと思います。

カードで稼ぐマイルも重要

カードで稼げるマイルは知れていると言われておりますが、結構バカにできないと思いませんか?

ソラチカルートは上限があります。月18,000マイル、年間216,000マイル。ポイントサイトを駆使すれば、月18,000マイルなんて余裕。これを越えようとするならば、別ルートでマイルをストックしていく必要があります。

プラチナカードをソラチカルートに乗せなければ1.8%の還元率。私のライフスタイルで8〜9万マイルくらいかな。カード支払い分のマイルもそう考えると結構重要なのです。

f:id:milerz:20160522004225j:plain

私はこの3枚のカードを常時持って生活しております。青、金、黒の三連星。かっこいいでしょ?

この中で金は妻のワイドゴールドの家族カードなので超重要カード。この金カードの支払いは妻につきます。私並みに稼ぐ妻の家族カードは、私にとってプラチナ以上の価値があるのですw

なお、私の家族カードは妻には渡しませんwww