読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マイラーズ!

本業は大手外資系企業の管理職。ビジネス企画を主軸に商品&サービス開発・マーケティング・運用に横断で携わっております。仕事で培ったスキルを陸マイラー活動に活かしたところ、短期で想定外のとてつもない成果をあげることができました。その成果によりほとんどコストをかけずにゴージャスな旅を楽しんでおります。このノウハウを少しでも読者の皆様に還元したいと思い、当ブログを運営しております。

イベント「知らなかったANA サービス体験会」に参加!でも辛口評価をさせていただきます。

f:id:milerz:20161110224338j:plain

行って来ました〜。本日より東京ミッドタウンで開催のイベント「#知らなかったANA 〜サービス体験会〜」。このイベントは2016年11月10日から13日まで、11:00〜19:00の時間に開催しております。入場料は無料で誰でも参加可能。そして当日、会場の様子をルール通りにSNSに投稿し、係員に提示すると、ANAオリジナルグッズがもらえます。

ということで、ANAファンとしては通り過ぎるわけにはいきません。立ち寄ってみましょう。

楽しい出展物が盛りだくさん!

このサービス体験会は東京ミッドタウンのビルの中で、ショップが集まっている「ガレリア」の地下一階にあるアトリウムで行われております。こじんまりとしておりますが、ブースが複数あってとても楽しむことができます。

f:id:milerz:20161110225116j:plain

「STAR WARS JETS」R2-D2 ANA JETの大型模型も展示されております。うひょ〜!めっちゃかっこいいです。

f:id:milerz:20161110225320j:plain

ANAロゴ入りのVR(仮想現実)ゴーグルをつけてANA国際線のプレミアムエコノミーが体験できるブースです。私も体験してきましたが、VR映像でCAさんが機内食をサービスしてくれたりして、飛行機に乗っているような感覚が楽しめました。

f:id:milerz:20161110225408j:plain

ファーストクラスの体験ブースです。私も体験してみたかったのですが、行列ができていたので諦めました。体験されていた方はみな喜んでおりました^^

f:id:milerz:20161110225925j:plain

クイズに答えると、機内食のアペリティフとデザート、スープがいただけます。美味しかった〜。

f:id:milerz:20161110230130j:plain

ここから辛口評価

このように全てをご紹介し切れていないのですが、この「#知らなかったANA 〜サービス体験会〜」はANAのサービスが体験できる、本当に楽しいイベントでした。

しかし一方で、「ANAファンの一人の顧客」として正直言って残念に思う点がありました。それは何かというと、これは旅行業者と一般顧客の両方を対象にしたイベントだったんですよね。参加してわかったのですが一般顧客だけを対象にしたイベントではなかったのです。

このイベントのメインステージの部分は一般顧客は入場お断りで、旅行業関係者向けのセミナーコーナーになっていたのです。で、そこで何をやっていたかというと、ビデオ上映を中心とした簡単なセミナーと抽選会です。その抽選会ではずいぶんと豪華な景品が、旅行業者に向けて提供されていたんですよね・・・。

これ、正直言ってかなり設計ミスのイベントですよ・・・すみませんが、

「あなた方の本当のお客様はどっちなんですか?」

と、正直思った次第なのです。

メインブースをベルトパーテーションで仕切って、一般顧客入れないようにして、一般顧客が見てる真ん前で旅行業者だけにサービスするのは、だめでしょう。

あともう一点、「あかんなー、ANAさん」と思ったことは、まだイベント自体は終了まで1時間以上あるのに、旅行業者向けのセミナーブース(会場の一番メインの場所)でANAの社員さん達が円陣を組んで座り、反省会をやっちゃっているんですよね・・・。

f:id:milerz:20161110231748j:plain

「一般のお客さんにセミナー参加したいって聞かれて困った」とか、その対策方法なんかを検討していたりして、その打ち合わせ内容が丸聞こえ(汗)

「あかん・・・そういうのはイベント終了後に客がいなくなってからやるものでしょ?」
ANAファンとしては、ちょっとため息が出た次第なのです。

f:id:milerz:20161110232254j:plain

まあそんなこともありましたが、ちゃっかり頂けるものはいただいてきましたけどね(笑)SNSで会場風景の写真をアップすると、このタグをもらうことができます。

ということでかなり辛口なことを書いてしまいましたが、ANAの大ファンだからこそ、ANAはもっと「搭乗客一番」の視点を持って欲しいと切に願い、本記事を書いてみました次第であります。

イベントのご案内は下記より。楽しいのでANAファンなら参加する価値は大いにあります。