読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マイラーズ!

本業は大手外資系企業の管理職。ビジネス企画を主軸に商品&サービス開発・マーケティング・運用に横断で携わっております。仕事で培ったスキルを陸マイラー活動に活かしたところ、短期で想定外のとてつもない成果をあげることができました。その成果によりほとんどコストをかけずにゴージャスな旅を楽しんでおります。このノウハウを少しでも読者の皆様に還元したいと思い、当ブログを運営しております。

「ANAカードファミリーマイル」をSFC修行で家庭崩壊させないためにあえて使わない理由

f:id:milerz:20161023192634j:plain

16年3月に突然覚醒し陸マイラー活動をしている「おにいたっち」と申します。

私の本年の陸マイラー活動の目標は「ANAマイレージクラブ」のプラチナステータスを取得し、ANAスーパーフライヤーズカードを入手することです。

ANAのプラチナステータスを取得するためには、ANAに及びANAグループ運行便の搭乗に応じて得られる「プレミアムポイント」を50,000ポイント獲得する必要があります。そのために粛々と飛行機に乗ること、これを人は「SFC修行」と呼びます。

私はまさにSFC修行の真っ只中。現在のプレミアムポイントはやっと30,000を超え、あと20,000プレミアムポイントでSFC修行は完遂、つまり解脱することになります。

50,000プレミアムポイントを獲得するために現金でANAに搭乗したら、5〜60万円くらいはかかるのでしょうか。この搭乗コストを抑えるために、陸マイラー活動は欠かせません。

日々、あの手この手でマイルを貯め、そのマイルをANA SKYコインに交換し、そのコインで搭乗することで、現金と同等にプレミアムポイントを獲得することができます。

5〜60万円に相当するマイルを短期間に獲得するのは、そう簡単なことではありません。陸マイラー必携の「ANA To Me CARD PASMO JCB」略してソラチカカードを活用しても月に18,000マイル、年間で216,000マイルが上限です。しかもこの上限を毎月維持するのは相当な労力が必要になります。そして上限まで獲得した216,000マイルを「ANAゴールドカード」のステータスでANA SKYコインに変換しても1.5倍の345,600コインです。35万コインでは、相当タイトな修行コースでなければ50,000プレミアムポイントは難しそうです。

しかし家族持ちであれば、このソラチカカード216,000マイルの上限を簡単に突破することができます。それは「ANAカードファミリーマイル」を活用することです。

家族持ちなら「ANAカードファミリーマイル」で家族が貯めたマイルを集約!

ANAカードには限定サービスとして「ANAカードファミリーマイル」という制度があります。これは家族がそれぞれ貯めたマイルを、特典に交換する際に、必要なマイル数のみをあわせて利用できるサービスです。

f:id:milerz:20161023225317j:plain
(ANAカードファミリーマイル案内ページより)

この制度を活用し、夫婦でソラチカカードを発行してファミリーマイルで合算すれば、月に36,000マイル、年間432,000マイルを上限として獲得することが可能になります。

これだけあれば余裕でSFC修行が完遂できますね。

しかし私はこの制度を知りながら、あえて利用することなくSFC修行に取り組みました。なぜなら、それは1つ大きな理由があったからなのです。

SFC修行で家庭崩壊を回避するために取った手段

家庭持ちのSFC修行僧皆さんの悩みは「配偶者の理解」を獲得することですよね。これ、いろんな手段があると思いますが私が取った手段は「妻の陸マイラー化」です。詳細は以下の記事をご覧いただきたいのですが、妻のマイル獲得活動はすっかり板についており、最近は私より案件情報を早く仕入れていて、教えてもらうことも多くなっておりますw

そんな陸マイラー化に成功した妻ですが、一方私はここにきてSFC修行用のマイルが枯渇していて厳しい現状。私としては、妻が持っている大量のマイルは喉から手が出るほど欲しい状況です。

それこそファミリーマイルで合算したい気持ちは山々なのですが・・・私にとってそれは禁じ手だと考えております。

なぜならそれは、妻の陸マイラー活動の目的を奪うことになりかねないからです。

妻が私の影響を受けて、陸マイラー活動を始め、ソラチカカードを使って貯めたマイルを私が使うわけにはいきません。妻には自分で貯めたマイルを旅行で使って感動を体験し、その感動を陸マイラー活動の原動力にしてもらいたいのです。

妻は自ら陸マイラーとなり、全てを理解したので、私のSFC修行にも寛容です。

それは私がプラチナステータスを獲得して「スーパーフライヤーズ」となり家族カードによって同等のサービスが受けられる、ということだけではないんですよね。

ポイント収集活動そのものの楽しさ、獲得したマイルで旅行をする楽しさ、旅先での感動、そしてこの楽しみを原動力に頑張れる本業のお仕事・・・相互理解でこのサイクルを回せているからこそ、妻はSFC修行に寛容でいてくれているんだと思います。

とは言え残り2ヶ月で20,000プレミアムポイントをどうするか?

f:id:milerz:20161018004936j:plain

さて私はSFC達成のために残り2ヶ月で20,000プレミアムポイントを獲得しなければなりません。現在の持分は28,494マイル。SKYコインはわずか3,320コインです。

私のSFC修行スタイルは、ANA株主優待券を以下の記事の通り市場からボリュームで獲得して、羽田-沖縄間をプレミアムクラスで行き来することです。

株主優待券を使った羽田-沖縄は2,860プレミアムポイントなので、あと7回搭乗、3.5回往復すれば達成する算段です。

問題はそれにかかるコストと獲得できるマイルです。11月12月の2ヶ月で得られるマイルは最大36,000マイル。現在持っている28,000マイルを加算すると64,000マイル。ブロンズステータスの1.7倍でSKYコインに交換すると108,800コインとなります。

羽田-沖縄を片道約3万円とすると、7回搭乗で必要経費は21万円。コインで充当しても10万円は足が出てしまいます。

10万円・・・家庭崩壊を回避しながら楽しくSFC修行できるのであれば、お安いものですよね^^

f:id:milerz:20161023234825j:plain