マイラーズ!

「SPGアメックス」情報量・検索結果ともにNo.1のマイラーズ!へようこそ。私の本業は大手外資系企業の管理職。ビジネス企画を主軸に商品&サービス開発・マーケティング・運用に横断で携わっております。仕事で培ったスキルを活かし独自に編み出した「コストをかけずに旅をゴージャスにする方法」をご紹介しております。

QuietComfort 35を使いエコノミーシートで快適に過ごす禁断の裏ワザ

ANA SFC修行では贅沢なプレミアムシートだけでなく、普通席に乗ってプレミアムポイントを稼ぐ必要も出てきます。そんな普通席で究極に「コンフォート(快適)」に過ごす方法を見つけましたので、その方法をお伝えいたします。

ブランケットを借りる

f:id:milerz:20161012234917j:plain

CAさんにお願いしてANAオリジナルのブランケットをお借りしましょう。ANAのイメージカラーの濃いブルーがまぶしい、素敵なブランケットです。普通席だけでなくプレミアムシートでもCAさんにお願いしなければ出てきませんので、ぜひお願いしましょう。肌触りのいい上質なブランケットです。

BOSEのヘッドホンを用意

f:id:milerz:20161012233310j:plain

 つぎに写真にあるヘッドホン「BOSE QuietComfort 35 wireless headphones」を用意します。このQuietComfort 35はノイズキャンセリングヘッドホン。ヘッドホン本体の外側にマイクが装備されており、そのマイクで拾った環境音を独自技術で打ち消してくれます。つまり、ヘッドホンから聞こえる音は流れる音楽のみ。耳を包み込むような着け心地も最高にコンフォートです。

BOSE QC35を装着する

f:id:milerz:20161012234207j:plain

飛行機に搭乗したら「BOSE QuietComfort 35 Wireless headphones(QC35)」を装着し電源を入れましょう。ここで注意があります。QC35はBluetoothで電波を発信します。なので電波発信する機器を使ってもいい機体でなければ使えません。また、離陸着陸時は無線で使うことができません。でも安心してください。QC35は有線で利用することができます。有線使用時は電波は発信されません。さらに・・・これは私の主観なのですが「有線のほうが音がいい」です。有線使用できるのもQC35のメリットなのですよね。上記写真ですが、お隣さんもQC35・・・。

ブランケットを被る

f:id:milerz:20161012235243j:plain

CAさんにお借りしたブランケットを頭から被りましょう。
外観は上記写真通り、相当に怪しいです。
でもこれをしている私はめちゃくちゃコンフォートなのです。
なぜなら・・・

  • QC35によって外的ノイズはほとんど耳に入らない
  • ブランケットを被ることによりプライベートな世界にいる感覚になる

そんな特殊な感覚に陥るのです。

これ、おそらくQC35無しにブランケットを被るだけだと得られない感覚だと思います。QC35で無音状態を作り、さらにブランケットでプライペートな空間を作る・・・これが織りなす世界なんだと思います。

「BOSE QuietComfort 35 wireless headphones」こんな感じで機内ではとてもコンフォートに楽しめますよ。おすすめです。