読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マイラーズ!

本業は大手外資系企業の管理職。ビジネス企画を主軸に商品&サービス開発・マーケティング・運用に横断で携わっております。仕事で培ったスキルを陸マイラー活動に活かしたところ、短期で想定外のとてつもない成果をあげることができました。その成果によりほとんどコストをかけずにゴージャスな旅を楽しんでおります。このノウハウを少しでも読者の皆様に還元したいと思い、当ブログを運営しております。

【家庭崩壊回避】陸マイラー活動とSFC修行で配偶者の理解を得るために私が行ったこと

f:id:milerz:20160703232331j:plain

こんばんは、おにいたっちです。さて、陸マイラー活動やSFC修行をするにあたっては、独身でない限り配偶者の理解を得ることが必須条件であることは皆さまもご存知かと思います。そこで陸マイラー活動とSFC修行をするにあたり、配偶者の理解獲得に向けたその対応策について記してみたいと思います。

陸マイラー活動&SFC修行において配偶者の理解は必須である

言うまでもありません。陸マイラー活動とSFC修行は、少なからず家庭を犠牲にする場面が多々あります。例えば以下の点です。

【陸マイラー活動】

  • 案件を取るためにPCやスマホに向かう時間が増える
  • 案件情報を収集するためにPCやスマホに向かう時間が増える
  • ブログの記事を書くためにPCに向かう時間が増える
  • 外食案件を取るために外食が増える
  • 契約関係の書類がやたらと自宅に届く
  • カードをやたらと発行する
  • 家族会員になれとせがまれる
  • ポイントサイトの会員にさせられる
  • 睡眠時間を削ってやっているので寝不足気味になる

【SFC修行】

  • やたらと飛行機に乗ってどこかにしまう
  • やたらと一人で旅行に行ってしまう
  • 外泊や土日不在が多くなる

まあ、上記以外にもまだ家庭を犠牲にすることは多々あるのでしょうが、こんなのをちゃんと説明せずに行っていたら、普通に家庭崩壊してもおかしくないですよね。陸マイラー活動&SFC修行は、笑ってしまうくらい至って健全な行為なのですが(笑)

でもストレートに「俺、陸マイラーになるから、よろしくな。多少家庭を犠牲にするかもしれんけど、SFC会員になればお前もメリットあるから。」なんて言っても、まあなかなか通用するものではないでしょう。

家庭持ちとしては、「陸マイラー活動」と「SFC修行」をどのように配偶者に理解してもらうかが、とても重要ですよね。

そこで私は考えました。「妻も陸マイラーにしてしまえばいい」と。

配偶者陸マイラー化はプレゼンテーションだ!

妻の陸マイラー&SFC活動の合意を得るには「提案」が必要だと思いました。私の提案内容は「一緒に陸マイラーやろうぜ、ただし辛いSFC修行は俺が担う」という骨子です。箇条書きにすると以下の通りです。

  • 一緒に陸マイラー活動をしよう
  • 頑張れば年間20万マイル貯まるらしい
  • 20万マイルあれば東京-大阪(妻の実家)を20往復もできるぞ
  • ポイントサイトでポイントを貯めてマイルに交換するんだよ
  • 外食案件なら美味いもの食べてマイルがめっちゃ貯まるぞ(外食案件紹介)
  • これからは現金を使わずカードで払うんだよ。俺たちすげー損してたんだよ。
  • ソラチカカードってすごいぞ!ANA VISA ワイドゴールドもすごいぞ!
    (詳細をちゃんと説明し発行させる)
  • SFCは俺が頑張って取得する。達成したら俺らANAの上級会員だぞ。
    (SFCで得られるサービスをちゃんと説明する)
  • SFC修行は辛い。本当はしたくない。でも頑張るよ。お土産はちゃんと買ってくるから不在中はよろしく頼む。(本当は楽しいんですけどね)

こんな感じでまずは陸マイラー活動とはどういうことか、どんなメリットがあるのか、そしてSFCとは何かを時間をかけてじっくりと説明しました。そして無事に晴れて以下の点について合意を得たのです。

  • お互い、陸マイラーを頑張ること
  • SFC修行で不在が多くなること

まあそんな経緯を経て、お互いソラチカカード、ANA VISA ワイドゴールドカード、そしてANA VISA プラチナ プレミアムカードを発行するに至ったのです。この後には、AMEXゴールドやくまモンカードなど、夫婦で次々でカードを発行しております。

f:id:milerz:20160522000131j:plain

いかに自走させるかがポイント

「陸マイラー活動」と「SFC修行」の合意を得るのは、単なるスタートポイントでしかありません。私が注力したのは、「配偶者の自走」でした。妻を陸マイラーとして自走させるために、以下の配慮を行いました。

  • 助言はするが直接操作は行わない
    ポイントサイトの操作やポイントの交換などはあくまでも本人に操作させました。質問には答えますが、私は直接手をだしません。「やってよ!」って言われることもありますが絶対に手は出しません。
  • モチベーションを維持させる
    本人がマイルを集めているという環境を作るため、ANAカードファミリーマイルには登録していません。あくまでも自分のマイルを自分で貯めているというモチベーションを維持させるためです。
  • 情報交換して一緒に盛り上がる
    案件情報をお互いに探して見つけ情報交換することで、お互いに盛り上がり、楽しむことができます。

要は、配偶者も「陸マイラー」にしてしまえばいいんですよね。そのためには本人が陸マイラーとして自走させる必要があります。いちいち操作方法を聞かれると、いらっとすることもありますが、絶対に手はだしません。出来る限り自分でできるようにしてもらいます。

堂々と陸マイラー活動やSFC修行をしたいのに、配偶者の理解を得られずに悩んでいるお父さんもいらっしゃると思いますが、ぜひ参考にしていただければと思います。

当の妻ですが、陸マイラー活動はすっかり板についておりまして、モルツ祭りの時はモルツを「重い重い」と言いながら大量に買ってきたり、「天丼てんや」でひとりで外食案件こなしたり、せっせとアプリダウンロードしてポイントを稼いだり、7月1日は深夜血眼で外食案件を取ったりなど、いろいろと頑張っている様子ですwww