読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マイラーズ!

本業は大手外資系企業の管理職。ビジネス企画を主軸に商品&サービス開発・マーケティング・運用に横断で携わっております。仕事で培ったスキルを陸マイラー活動に活かしたところ、短期で想定外のとてつもない成果をあげることができました。その成果によりほとんどコストをかけずにゴージャスな旅を楽しんでおります。このノウハウを少しでも読者の皆様に還元したいと思い、当ブログを運営しております。

台北の最高級温泉ホテル宿泊記・グランド ビュー リゾート 北投

f:id:milerz:20160808091444j:plain

今回の台湾旅行、「マンダリン オリエンタル 台北」に続いて宿泊したのが、北投にある温泉リゾートホテル「グランド ビュー リゾート 北投(Grand View Resort Beitou・北投麗禧溫泉酒店)」です。上記写真はホテル公式写真、ここからは私が撮影した写真でレポートしていきます。

ホテルまでのアクセス

グランドビューリゾートは台湾中心地から、地下鉄に乗って30分ほどで到着する台湾最大の温泉郷、北投の一角に所在します。台湾の地下鉄、淡水信義線の淡水行きに乗って、北投駅で降ります。北投駅は地下ではなく地上にあるとても大きな駅です。

f:id:milerz:20160808092622j:plain

北投駅を降りて改札を抜けて右手にあるロータリーにホテルへのシャトルバスの停車場があります。ここには他の温泉宿へのシャトルバスの共同停車場となっております。下の写真はグランドビューリゾートへのシャトルバスの時刻表。右側の列が北投駅発の時刻表で、30分おきに出ています。

f:id:milerz:20160808093028j:plain

シャトルバスはこのような黒いバンでした。車の側面にはグランドビューリゾートのロゴがプリントされておりますが、小さいので分かりづらいかもしれません。

f:id:milerz:20160808093504j:plain

シャトルバスに乗ると北投駅から15〜20分でホテルに到着します。北投の山に登って温泉ホテル街を抜けていく感じですね。北投の温泉ホテル街は、なんとなく日本の箱根を彷彿させるものがあります。

グランドビューリゾートのお部屋

 グランドビューリゾートの部屋タイプは、スイートを除外すると3つのタイプから選ぶことができます。マウンテンビュールームとデラックスルームは価格が1割ほど違うのですが、上層階、下層階の違いだけで、部屋のスペックは同等ではないかと思います。私はせっかくなのでデラックスルームにしました。

  • エレガントマウンテンビュールーム 52.8m2・クイーンorツインベッド 2〜3階
  • エレガントデラックスルーム 52.8m2・クイーンorツインベッド 5〜6階
  • エレガントファミリールーム  59.4m2・クイーンベッド2台・2〜6階

案内されたのは最上階6階のとても見晴らしのいいお部屋。北投の山間に茂る緑と街とのコントラストが素敵です。太陽が沈む方向に面しているので、サンセットも楽しむことができます。

f:id:milerz:20160808120255j:plain

  グランドビューリゾートの客室の最も特徴的な点として、全室に温泉が出るお風呂が装備されていることです。石造りの大きくて深い浴槽が2つあります。

f:id:milerz:20160808120347j:plain

左側が温泉がでる浴槽、右側は水風呂です。温泉は55度でかなり熱め。到着したらすぐに温泉を入れて少し冷ましてから入浴することをおすすめします。水を入れて冷やすこともできますが、かけ流しの温泉の成分が薄まってしまいますのでおすすめしません。右側の水風呂は水温が少し温く10度前後、温泉で温まった身体を冷却するのに程よい冷たさです。

温泉の質感は?

温泉を入れてみます。北投の温泉は3種類の泉質を楽しむことができる温泉地で、白硫黄泉、青硫黄泉、鉄硫黄泉の温泉が湧き出ております。ここ、グランドビューリゾートは白硫黄泉で、乳白色に少し緑がかっており白いエメラルドのような綺麗な温泉です。

f:id:milerz:20160808121124j:plain

コックをひねると豊富に出てくる温泉はゴミなどが全く混じっておらず、とても綺麗なお湯。白く細い湯の花は掴むことができない満天の星の粒のようです。お湯はほのかに硫黄臭がして、さらっとした肌触り。温泉の成分を存分に味わうことができつつ、優しい湯感なので女性にもおすすめ、お肌にもとても良さそうです。

f:id:milerz:20160808121344j:plain

台湾の温泉郷を見下ろしながら、部屋にあるプライベートな温泉に浸かりつつ、梅酒を一杯。はぁ・・・なんて最高な刻なんでしょう。台湾で温泉を楽しむという旅の計画はベストチョイスだったようです。

f:id:milerz:20160808122049j:plain

グランドビューリゾートには、屋外にプールと水着で入ることができる温泉、室内には大浴場も装備されています。この写真は私の部屋から早朝に撮影したものなので、まだ誰も入っていませんが、しばらくするとファミリーを中心に多くの宿泊客がプールで楽しんでいました。

f:id:milerz:20160808122613j:plain

お部屋の洗面スペース

お部屋は案内されて最初に入ったとき、「変な匂いがする部屋だな」と思うかもしれません。これは、お部屋のお風呂の温泉の香りです。このお部屋には独立したトイレとシャワールームも装備されています。

f:id:milerz:20160808123314j:plain

洗面台は2台。大きな鏡です。下の写真の鏡に写っている中央のガラスの扉はトイレです。その左側にはシャワールームの扉が写っています。台湾製オリジナルの高級なアメニティも豊富。ミネラルウォーターは台湾で採取された竹炭水。ミネラルウォーターはもちろん、お部屋の冷蔵庫にあるドリンクも無料です。冷蔵庫にはペリエなども入っていて、温泉上がりに嬉しいです。

f:id:milerz:20160808123434j:plain

グランドビューリゾートのディナー

夕食は中華料理かフランス料理のレストランを選ぶことができます。私は中華料理を選びました。このブログをご覧になっている方で、グランド ビュー リゾートへの宿泊を検討されていましたら、フランス料理を選択することをおすすめします。正直、中華料理は微妙・・・妙に現代風にアレンジされた中華でした。ワインを1本空けたのですが、スタッフさん達も慣れておらずワインのサービスに苦慮しておりました。途中から子供連れもいっぱい入ってきて、うるさく、落ち着いていただくことができませんでした。

f:id:milerz:20160808124046j:plain

このエビは大きくて食べごたえがあり、美味しかったです。白ワインにぴったりでした。

f:id:milerz:20160808124734j:plain

グランドビューリゾートの朝食

朝食は中華料理のレストランでいただきます。お料理は中華スタイルかウェスタンスタイルかを選ぶことができますが、昨夜の中華料理が微妙でしたので、ウェスタンスタイルを選びました。左にあるパンプキンスープは、昨夜の中華料理のコースに出たものと同じでした・・・。タンドリーチキンは朝からちょっと重いかな・・・他の宿泊客が食べている中華スタイルのプレートはお粥や小籠包などが盛ってあり、とても美味しそうでした。朝食は中華スタイルをおすすめします。

f:id:milerz:20160808125126j:plain

スタッフさんがサービスしてくれるドリンク。活力促進の野菜ジュースにもそそりましたが、私は有機豆乳をいただきました。暖かくて美味しかったです。食事に関してはちょっと辛口な評価をしてしまいましたが、私のように選択を誤らなければ外すことはないと思います。スタッフさんは一生懸命キビキビ働いていて、サービスも良く心地いいですよ。

f:id:milerz:20160808125522j:plain

グランドビューリゾートの夜

 f:id:milerz:20160808141826j:plain

夜11時頃、ちょっと目が冴えてしまったのでホテルの中をお散歩しました。上の写真は夜のロビーです。スタッフさん達が仕事をされています。日本語の堪能な女性のスタッフさんが一人いてとても助かりました。

夜のホテル。この時間になると周辺も館内も大変静かです。落ち着きますね。

f:id:milerz:20160808142132j:plain

 部屋から眺める北投の夜景です。ベランダには屋外用のソファ、テーブルには夜を楽しむキャンドルが置いてあり、備え付けのマッチでキャンドルに火を点け、夜景を眺めながら夜を楽しむことができます。お部屋の温泉に入って、ベランダでビールを飲みながら身体を冷やして、また温泉へ・・・快楽の無限ループです。

f:id:milerz:20160808142223j:plain

総評

グランド ビュー リゾート 北投にて楽しんだ台湾のひとときは、リゾート感満載で最高でした。全身でリラックスできた、この気持ちいい一泊をありがとう。台湾に来るときがありましたら、また泊まりたいと思います。次はぜひフランス料理で。

f:id:milerz:20160808142554j:plain

グランド ビュー リゾート 北投 基本情報