マイラーズ!

「SPGアメックス」情報量・検索結果ともにNo.1のマイラーズ!へようこそ。私の本業は大手外資系企業の管理職。ビジネス企画を主軸に商品&サービス開発・マーケティング・運用に横断で携わっております。仕事で培ったスキルを活かし独自に編み出した「コストをかけずに旅をゴージャスにする方法」をご紹介しております。

イラフ SUI ラグジュアリーコレクションホテル沖縄宮古 完全解説&現地レポート

イラフ SUI ラグジュアリーコレクションホテル沖縄宮古の部屋

マリオット・インターナショナルが手掛ける宮古島の新しい高級リゾートホテルとして注目のホテル 「イラフ SUI ラグジュアリーコレクションホテル 沖縄宮古」。

2018年開業予定となっていたこのホテルの開業日などが明らかになってきました。

私はこのホテルの開業を前に実際に宮古島に行き、現在の建築状況やホテル周辺などを取材してきました。本記事では「イラフ SUI ラグジュアリーコレクションホテル  沖縄宮古」の全貌を解説するとともに、開業日などの最新情報、そして現地取材レポートをお届けします。

【2018年8月21日最新情報】ホテル公式サイトにて予約ページがオープンになりました。2018年12月19日以降の予約を取ることができます。なおマリオットリワード公式サイトでは現在予約することができません。

イラフ SUI ラグジュアリーコレクションホテル  沖縄宮古の公式サイトへ

イラフ SUI ラグジュアリーコレクションホテル沖縄宮古とは

イラフ SUI ラグジュアリーコレクションホテル沖縄宮古のプール

2017年10月、森トラストは新ホテルブランド「翠 SUI」を立ち上げと、そのブランドを最初の展開として宮古諸島の伊良部島に「イラフ SUI ラグジュアリーコレクションホテル  沖縄宮古(以下、イラフSUI沖縄宮古)」を2018年内に開業することを発表しました。

新ブランド「翠 SUI」とは、2015年に京都の嵯峨嵐山に開業した高級ホテル 「翠嵐 ラグジュアリーコレクションホテル  京都」のコンセプトをさらに昇華させたもので、日本各地の美しい自然や独特な文化など、その魅力を最大限に活かし、世界中の人たちに楽しんでもらえるホテルブランドを目指すとのことです。

私は「翠嵐 ラグジュアリーコレクションホテル  京都」の大ファンでこれまで幾度も宿泊を重ねて楽しんできましたので、このイラフSUI沖縄宮古の発表は飛び上がるほど嬉しく、2018年の開業をずっと待ちわびていました。

なお、「翠嵐 ラグジュアリーコレクションホテル  京都」の記事は以下にあります。宿泊記にとどまらず、徹底的に翠嵐を楽しむワザなどを満載しております。

POINT

宮古諸島の伊良部島に2018年開業予定の「イラフ SUI ラグジュアリーコレクションホテル 沖縄宮古」は、新ブランド「翠 SUI」の最初のホテルとなる。

 イラフSUI沖縄宮古は、森トラストとマリオット・インターナショナルの協業により開業・運営されます。そのことから、森トラストの「翠 SUI」ブランドに加え、マリオット・インターナショナルの最高級ブランド「ラグジュアリーコレクション」のブランドも冠した、ダブルブランドのホテルになっています。

「翠SUI」とラグジュアリーコレクションのロゴ

ラグジュアリーコレクションはもともとスターウッドホテル &リゾートの最上級ブランドであり、現在、日本には「ザ・プリンスギャラリー 東京紀尾井町 ラグジュアリーコレクションホテル 」と「翠嵐 ラグジュアリーコレクションホテル  京都」2つのホテルがありました。イラフSUI沖縄宮古は、日本国内では3番目に開業するラグジュアリーコレクションブランドのホテルになります。

ラグジュアリーコレクションというブランドは、単に高級・豪華ということだけではなく、歴史的建造物や風光明媚な自然の景色など、素晴らしいロケーションに隣接し、最高級の施設やサービスとともに、その土地でしか得られない素敵な体験を提供する、というコンセプトに基づいています。

イラフSUI沖縄宮古は、サンゴ礁に囲まれた青く透明な海と、むせ返るような緑の自然が溢れる伊良部島に、宮古エリアでは初のワールドクラスのリゾートホテルとして開業されます。

POINT

イラフSUI沖縄宮古はスターウッドホテルズ最上級の「ラグジュアリーコレクション」を冠し、宮古エリアで最初のワールドクラスリゾートホテルとなる。

それではこのイラフ SUI ラグジュアリーコレクションホテル  沖縄宮古が、どのようなホテルになるのか、さらに詳しく解説していきましょう。

ホテルの概要・スペック 

イラフ SUI ラグジュアリーコレクションホテル沖縄宮古の建物外観

 これまでの発表資料によると、イラフSUI沖縄宮古の大きさは敷地面積約9,027平方メートル、延床面積約5,500平方メートル。イメージイラストによると建物の色は白系のようです。

ホテル はサンゴ礁のビーチを正面に立地しており、エメラルドブルーの海の色と真っ白なビーチ、そしてホテルの白い外観が綺麗なコントラストになりそうです。

客室数は全58室、部屋のサイズは約46m2から120m2となっており、一部のお部屋にはプライベートプールも付いています。一番下のサイズが約46m2ということで、スタンダードのお部屋でもゆったりと過ごすことができそうです。立地条件から、おそらく全室オーシャンビューなのではないでしょうか。

イラフ SUI ラグジュアリーコレクションホテル沖縄宮古のプールとサンセット

ホテルに付帯する施設は、プール、スパ、ビーチクラブ、レストラン、フィットネスなど。イメージイラストによると、エッジが見えず海と一体感のあるプールになっております。

スペックを見る限り、大人が静かにゆっくりと上質な南国リゾートを満喫できるホテルに仕上がりそうで、期待感はとても膨らみます。

POINT

伊良部島の美しいビーチの正面に立地した白い施設は全58室のオーシャンビュー。エッジレスのプールをはじめスパ、レストランなど充実した施設に期待。

ホテルの所在地・アクセス

イラフSUI沖縄宮古は、宮古島の諸島にあたる伊良部島の南部にある透明度の高いとても美しいビーチ「渡口の浜(とぐちのはま)」に隣接した海岸沿いに建設されます。場所は以下の地図の通りです(森トラスト発表資料より引用)。

イラフ SUI ラグジュアリーコレクションホテル沖縄宮古の地図(MAP)

アクセス方法は、宮古島の空港「宮古空港」から車で伊良部大橋を経由して約20分で到着します。

国内各地の空港から宮古空港までの直行便の時間は以下の通りです。

  • 羽田空港 → 宮古空港:約3時間
  • 関西国際空港 → 宮古空港:約2時間30分
  • 中部国際空港 → 宮古空港:約2時間40分
  • 福岡空港 → 宮古空港:約2時間
  • 那覇空港 → 宮古空港:約50分

東京からは、羽田空港から宮古空港まで約3時間、宮古空港から車でホテルまで約20分、合計4時間以内で到着することができそうです。

POINT

ホテルへのアクセスは宮古空港から車で約20分。東京からは羽田空港から飛行機と車で計4時間以内に到着できる見込み。

ホテルが所在する伊良部島について

伊良部島は従来、宮古島からは船でしか渡航することができず、人の行き来がとても少なかったのですが、2015年の「伊良部大橋」開通を機に人の往来が活発になり、今や沖縄宮古の観光スポットとして大人気の島になっています。

伊良部大橋の写真

伊良部島の人気の理由は、エメラルドグリーンや白い砂浜、生い茂る草木などまだ手付かずの自然の美しさが楽しめることにあります。

特に伊良部島に来たひとを惹きつけるのが「伊良部ブルー」と呼ばれる伊良部島独特の透明感溢れる海の色です。ホテルの名前にある「イラフ」という言葉は、伊良部島の名前の由来と言われている「彩りが美しい」という意味の古語を使っています。伊良部島と宮古島の中間にある海

場所的にも人はとても少なく、日中は伊良部ブルーの海と草木の眩しい緑を楽しむことができ、夜は晴れていれば満天の星空を楽しむことができるでしょう。

イラフSUI沖縄宮古は、伊良部島の果てしなく美麗な自然に囲まれたラグジュアリーなときが楽しめるホテルになりそうです。

POINT

「彩りが美しい」という古語が由来の伊良部島。伊良部大橋ができて人気急上昇の伊良部島では、まだ手付かずの自然が楽しめる。

ホテル開業日・予約受付開始日はいつ?

「イラフ SUI ラグジュアリーコレクションホテル  沖縄宮古」の開業日は2018年11月21日(水曜日)になります。

予約受付は2018年8月21日に開始し、現在、ホテルの公式サイトより予約を入れることが可能です。

現在は2018年12月19日以降の予約を入れることができます。開業日となっている2018年11月21日から12月18日の間は予約を入れることができません。

ホテルに確認したところ、この間に予約が入れられないのは準備が遅れているとのことで、準備が整い次第、予約受付を開始するとのことです。

開業記念特別宿泊プランも発表

イラフSUI沖縄宮古の開業を記念した特別宿泊プラン「IRAPH Premium Collection」も発表されました。この特別プランの詳細は以下の通りです。

  • 宿泊期間:2018年11月21日から2019年3月31日
  • 予約受付:2018年8月21日 9時より
  • 開業前宿泊予約電話番号:03-6409-2873(月曜~金曜 9時~18時)
  • 料金:5万6,500円〜/1名(1室2名利用時、税・サービス別)
  • 特典:ジュニアスイートルームかスイートルームから選択、プラン限定特別ディナー、ホテルレストランでの朝食付き。

 

POINT

イラフSUI沖縄宮古の開業日は2018年11月21日、予約受付は2018年8月21日に開始され、2018年12月19日以降の予約が可能。開業記念の特別プランも魅力。

ホテルのお得な予約・宿泊方法は?

「イラフ SUI ラグジュアリーコレクションホテル 沖縄宮古」ですが、このホテルにできるだけお得に予約・宿泊する2つの方法があります。

  1. マリオット公式サイトで予約し宿泊する
  2. SPGアメックスカードに入会して予約・宿泊する

では1の「マリオット公式サイトで予約する」から解説しましょう。

マリオットリワード公式サイトで予約し宿泊する

イラフSUI沖縄宮古はマリオットリワード参加のホテルなので、マリオットリワード公式サイトより直接予約することができます(ただし2018年8月21日現在、マリオットリワード公式サイトではイラフSUI沖縄宮古を予約することはできません)。

「ホテルの公式サイトって、旅行予約サイトより高いんじゃないの?」

いえ、その認識は間違っています。

マリオットリワード公式サイトでは最低価格を保証する制度があり、もし旅行サイトでマリオットリワード公式サイトより安い同一プランを見つけた場合は、ルールに沿って申請することにより旅行サイトの価格からさらに25%割引で提供されます。

この制度を「Look No Further ベストレート保証」といいます。

このような制度があることから、旅行サイトはマリオットリワード公式サイトと同一プランの価格差がほとんど無いのです。そこでお得な差をつけるのはマリオットリワード公式サイトのポイント制度です。

一般的な旅行サイトは「100円につき1ポイント提供」「ポイントの価値は1ポイント=1円」です。

一方マリオットリワード公式サイトは「1米ドルにつき10ポイント提供」「ポイントの価値は1ポイント=0.83円以上」です。

例として、1万円の予約を行なった場合、一般的な旅行サイトは100円(100ポイント)0の還元となります。一方マリオットリワードでは747円(90ポイント/1ドル110円の場合)の還元となるのです。

マリオットリワード公式サイトで獲得したポイントは、貯めることで無料宿泊やマイル交換などに利用できるのです。イラフSUI沖縄宮古を予約する際はマリオットリワード公式サイトを利用することをお勧めします。

マリオットリワード公式サイトへのリンク

POINT

イラフSUI沖縄宮古の予約はマリオットリワード公式サイトが最もお得。ポイントをたくさん貯めることができ、無料宿泊などに活かすことができる。

続いて2の「SPGアメックスカードに入会して予約・宿泊する」を解説します。

SPGアメックスカードに入会して予約・宿泊する

SPGとアメリカン・エキスプレスは提携により「スターウッド・プリファード・ゲスト・アメリカン・エキスプレス・カード(SPGアメックスカード)」を提供しています。

このSPGアメックスカードに入会すると、無条件にマリオットリワードの「ゴールドエリート」という上級会員資格が特典として獲得できます。このゴールドエリートという会員資格を持ってホテルに宿泊することにより、上級会員としてとても多くの特典が提供されます。特に大きな特典は以下の2点です。

  • より多くのポイントが獲得できる
  • お部屋のアップグレードやレイトチェックアウトが期待できる

獲得したポイントを貯めることで無料宿泊や航空会社のマイル獲得などができます。また、当日の空室状況にもよりますがアップグレードやレイトチェックアウトが獲得できれば、イラフSUI沖縄宮古の宿泊はよりラグジュアリーなものになることでしょう。

POINT

イラフSUI沖縄宮古の宿泊前にSPGアメックスカードへの入会がお勧め。上級会員としてホテル に宿泊することができる。

SPGアメックスカードの入会方法は以下の記事を参考にしてください。

宿泊記・口コミ予告版!開業前現地取材レポート

私は2018年5月下旬に宮古島に行き、まだ建設中の「イラフ SUI ラグジュアリーコレクションホテル  沖縄宮古」を実際に見てきました。取材は宮古島に住んでいる友人にご協力いただいて行いました。今回の取材は宿泊も友人宅でお世話になりました。

宮古島の友人に協力してもらい車で取材

友人の愛車でイラフSUI沖縄宮古に向かいます。伊良部大橋をスイスイと運転する友人もとても気持ち良さそうです。

伊良部大橋の中間地点

伊良部大橋は全長3,540メートル。無料で通行できる橋としては日本で最長となります。橋の先には伊良部島が見えて来ました。両サイドは宮古島の海に囲まれており、とてつもなくキレイです。

伊良部島の景色

伊良部大橋を渡って伊良部島に入るとすぐに左に曲がり、海岸沿いを走ります。ここはイラフSUI沖縄宮古がある場所に面した道路で、この先に建設中のホテルがあるはずです。それにしても建物が一切無い、緑が生い茂った場所です。

取材した日は雲ひとつない晴天で、5月下旬といえども刺すような強い日差しで非常に暑いです。

建設中のイラフ SUI ラグジュアリーコレクションホテル沖縄宮古

ありました!建設中のイラフSUI沖縄宮古です。建物は足場で覆われており、進捗状況は見た目では分かりませんが、完成はかなり先のように見えます。門も庭もエントランスもまだ着手されておらず、見ただけではちょっと大きなホテルでもできるのかな、という感触でした。

この写真は左端を写していますが、全体的にはこの4倍近い幅があり、低層で横幅の広いゆったりとした建造物であることが確認できました。

建物の向こう側には伊良部の海が見えます。建物がある場所から海岸には小高い崖にようになっているようです。おそらく、この崖を降りて海岸でビーチを楽しむことができるようになるのでしょう。

建設中のイラフ SUI ラグジュアリーコレクションホテル沖縄宮古の右サイドの風景

この写真はホテルの右サイドで、写真の左端に写っているのが建設中のイラフSUI宮古沖縄です。ホテルの敷地の両サイドも道を挟んだ正面サイドにも、建物は何もありません。ホテル周辺には草木と海以外は全く何も無いというロケーションであることが分かりました。

聞こえる音は伊良部島を流れる暖かくたおやかな風になびく草木のざわめきだけ。こんなに自然溢れる静か場所で、高級感のある施設にて上質なサービスが受けられることを想像した私は、心が踊るのを抑えることができませんでした。

「イラフ SUI ラグジュアリーコレクションホテル 沖縄宮古」、完成後は、きっとこのホテルに頻繁に訪れることになるでしょう。

当サイトでは「イラフ SUI ラグジュアリーコレクションホテル 沖縄宮古」開業後いち早く宿泊し、最速で宿泊記・口コミ記事を掲載する予定です。

下地島空港17エンド周辺のビーチ

せっかくなので伊良部島に隣接した下地島までドライブをしてもらいました。見てください、この純白のビーチを・・・どこまでも透明な宮古ブルー、これほどまでに美しいビーチを見ることは世界中探しても難しいでしょう。ここは「下地島空港17エンド」と呼ばれる場所に近いビーチです。

下地島空港は今ほぼ使われていない状況ですが、現在旅客ターミナルの建設が着工されており、2019年3月に国内線・国際線が発着する空港としてオープンする予定です。この空港のオープンにより、伊良部島も大きなリゾート地として開発されていくのではないでしょうか。

伊良部島の世界的なリゾート地としての発展に、これからも目が離せません。

当ブログの現地取材で分かったこと

  • ホテルは低層で横幅は広くゆったりとした建造物である。
  • ホテルは小高い崖の上にありオーシャンビューの景色は抜群になると思われる。
  • 伊良部島の海はとてつもなく美しく、ホテル周辺は緑が溢れた自然がたっぷりの環境。
  • イラフ SUI ラグジュアリーコレクションホテル 沖縄宮古は、一日中静かな場所で上質な南国リゾートが楽しめそう。
  • 宮古空港よりさらに近く国際線も発着する伊良部島空港がオープンすれば、ホテル周辺は国際的なリゾート地として発展も期待。

イラフ SUI ラグジュアリーコレクションホテル沖縄宮古・基本情報